こころ検定1級 面接・実技試験に向けて

こんにちは。CMBOです。

早速ですが、私が何故このHPを立ち上げ、ブログを続けているのか?何度か書きましたが、カウンセラーとして独立したいが為の足固めと準備が大きな理由なのです。紹介文にも書いておりますように、このブログは最終的にはメールカウンセリングの場へと変化させていくつもりでした。

しかし、ただひたすら自分の気持ちを書き続け、ずっと読み続けて頂いている読者様も沢山いらっしゃるので、段々このHPに愛着が湧いてきており、例えそのような事をやり始めるにしてもここはここでそのまま残し、別途新しいHPを立ち上げようかな〜、なんて思ったりもしています。読者の皆様方には本当に感謝しております。

で、本題です。こころの問題の専門家と名乗るからにはなんらかの資格が必要と考え、『こころ検定』という通信教育でカウンセリングを勉強し、「メンタルケアカウンセラー」更には「メンタルケア心理士」の資格を2年かけて試験をクリアしたうえで取得。そして最も難しい「メンタルケア心理専門士」(こころ検定1級)の筆記試験(CBT試験)に10月合格しました。

合格率15%という中々難度の高い試験でしたが、しかしそれだけではまだ終わらず、「面接&実技試験」をクリアした上で晴れて完全合格、資格取得なるのです。そしてこの間その受験手続きの書類が送られてきました。

日程はHPでも公開されており、年に4回、日本の主要都市で開催され私の住む福岡では2月の後半に実施。迷わず私はその日程に受験申込みしました。年明けから老骨に鞭打ち、最後の追い込みの受験勉強を開始する予定です。

しかしその試験内容は全くの不明。情報がほとんど無いのです。実技って言われても通信教育だったし。。。。自律訓練法は押さえときゃならないでしょうが、後はどんな事をやるのか、受験経験者さんからの情報収集も同時に行う必要があります。

更に、それが不合格だったらどうなるのか?流石に届いた書類の画像をupする訳にはいかないのですが、まず今後1年以内に上記の4回行われる試験を受験しなかったら、以降の受験資格を失う。つまり前回合格したCBT試験の合格がチャラになってしまうと言うのです。

まあそれは仕方ない。。。それは連動性があるべきものですからね。

しかしですね、その面接試験で失格であったらその後どうなるのか?それが一切明記されていない!無受験と同じ様にCBT試験の結果もチャラになってしまうのか?ちょっとそれはあんまりの様な気がしますが。。。。それだと4度目でようやく受かった1級試験をまた受け直さねばならんとです。記憶力は衰える一方なのに(涙)また更に試験勉強を再開する気力が残っているかどうか。。。

それともある程度の年数は試験結果は有効であるのか?いや、もしかすると面接といってもそれは形式的なものであり基本的にはよっぽど変なヤツでない限り合格前提のものなのか?それだったらどれだけ気が楽か分かりませんが

とにかく情報がなさすぎるのです。

やる前から負ける事を考えるバカがいるかよッ!」と某アントンの檄が聞こえてきそうですが、でもでもそれが今一番気になるところなんです。でもやはり基本合格前提の試験という考えは甘いかな〜。

まあとにかく年内は特にイベントも無くゆっくり休養するつもりです。今年は本当に色々な事に取り組んだ充実した一年でした。人生の中でもこれほど想い出を作る事が出来た1年は無かったですし、たくさんプライベートでの知人も出来ました。40代は知人が出来るなんて事は1回も無かった気がします。

このブログも開始してそろそろ1年。その前はyahoo ブログで書いていたのですが、閉鎖に伴い完全になくなってしまった様で残念です。これからは考えを絞ってじっくり書いていくつもりです。

今日はこんなところです。それでは、また。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。