ガン宣告を受けた後、どう生きるのか?〜青田チヨ子さんのブログを紹介します。

こんばんは、CMBOです。

今回はある闘病ブログを紹介させて頂きます。Twitter上で“チヨちゃん”というハンドルネームで自身に降りかかった急性骨髄性白血病という病気と戦いながら、その状況を実にホンワカした自作マンガでレポートしておられた方です。

本名・青田チヨ子さん。私は特別何かメッセージをやり取りさせて頂くこともなかったのですが、その誠実さが溢れ出ているコメントと漫画を拝見しながら「事態が良い方向に向かえば良いなあ」と願っていました。とってもファンが多かった女性で、Twitterからこのブログを見ておられる方は新参者の私なんかよりずっと前からチヨさんの人徳に魅了されていた方が多かった筈なのです。

しかし、残念な事に事態が急変したようで、今夏辛い結果が訪れてしまったようです。Twitter上では心からチヨ子さんを悼む声が溢れていたのは記憶に新しいところです。

今回、旦那さんを中心とするご遺族・関係者の皆様方が作品の続きを作成していくとお聞きして、いてもたってもいられず、旦那様の許可をお取りした上で、細やかながらそのブログの宣伝をさせていただきます。

チヨ子さんは本当に無念だったと思います。でもなにかこう文章から“強い覚悟”が伝わってくるのです。理不尽なこの病気に自分の好きな事・得意な事で立ち向かう、という。。。。

私自身、骨髄異形成症候群という病名を宣告された時、抗がん治療が始まった時、そして骨髄移植を受けるようになった時、更には辛い療養生活。。。はじめは自分の運命を理不尽だと思いつつも、自分を見つめるうちに「人間にはどうせ寿命があるのだから、この病気にかかったと言ってもそれが長くなるか短くなるかの差だけ。自分はもう人生の半分は生きた。残りの人生は自分が本当に好きな事をやって生きよう。」と思えるようになりました。

彼女が取り乱す事なく(少なくとも読者の側から見てですが)、好きな漫画という手段で病気に立ち向かおうとした心意気に何かこうグッと来るものがあるのです。天国で旦那さんを見守って欲しい、、、いや、そんな事言わずもがなですね(笑)

ブログは開始されたばかり、私もこれからの展開を楽しみにしています!

#青田チヨ子

#チヨちゃん

#ある日、ガン患者になりました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。