(企画)沢田研二ディスコグラフィー④

こんにちは、CMBOです。
今回は久々に沢田研二さんのディスコグラフィーの4回目。
事実上最終回かな?と思います。

◉ 麗人

1982年1月10日発売。作詞阿久悠、作曲沢田研二。オリコン
最高順位10位。ザベストテン最高順位6位。売上計22万枚。
オリコン登場週16週。

メイクはほぼ定番となっていたジュリーでしたが、本格的に
“女装”して出したシングルは初めてだったのではないでしょうか?
髪も三つ編みのウイッグをつけるという中々凝ったコスチューム
でしたが、歌詞の内容は男性側から見た恋愛感情を歌ったもので
特別際どいものではありませんでした。

この時期、ジュリーの周囲はザ・タイガース同窓会に話題が集中
しており、ファンもこの曲の応援はややなおざりだった感があります。
個人的感想を言えば「ロックにオリエンタルムードを融合させた
なんとも不思議な曲」という印象です。

◉ “おまえにチェックイン”

1982年5月1日発売。作詞柳川英巳、作曲大沢誉志幸。オリコン
最高順位8位。ザベストテン最高順位2位。売上計27万枚。
オリコン登場週19週。

正式題名は“”でくくられるのですが、以降のリストでは統一されおらず、
最近はうやむやになっているようです。出だしの「チュルルル、チュッチュ〜」
のパートは沢田研二、大沢誉志幸、佐野元春、伊藤銀次さんによるものです。
シングルカットされた曲はありませんでしたが、この時期佐野元春
さんは多くの楽曲をジュリーに提供しており、コンサートでもよく
歌っています。

シングルでのお披露目となった夜のヒットスタジオでは画像のような
グリーンを基調としたインディアン風コスチュームでしたが、
その後デカい羽飾りをつけた白を基調としたインディアン風
コスチュームにマイナーチェンジしました。丁度ドームでの
還暦記念コンサートでの最初の衣装に似た感じのものです。

非常に夏らしいテンポのいい曲で、近年のコンサートで歌う際は、
「ホールドミータイッ!」と歌いながらジャンプして両脚を
Lの字に折り曲げるというパフォーマンスをみせてくれます。

6番目の・ユ・ウ・ウ・ツ

1982年9月10日発売。作詞三浦徳子、作曲西平彰。オリコン
最高順位6位。ザベストテン最高順位3位。売上計26万枚。
オリコン登場週18週。

最初の女性コーラスは「I don’t need your love at all」
と言っています。舞台での演出では「毎日僕眠れないやるせない!」
の後バックバンド全員と一緒に「ハッ!ハッ!ハッ!」と
右手を突き上げるパフォーマンスがとても印象深いのですが、
収録レコードではほとんどその部分は協調されていません。

全体をオールバックで固め、一番前の10本くらいを前に垂らす、
というヘアスタイル。80年代半ばから90年代に非常に流行り
石井竜也さんや藤井郁弥さんが印象深いですが、その前に
ジュリーが試行済みだったわけですね。

そして残念なことに、ザベストテンではこれが最後のベストテン入
した曲。オリコンでも現時点この曲が同様に最後のベストテン入曲
となっています。別番組のザトップテン等では単発的にベストテン
入した曲ではあるのですが、事実上これがジュリー最後の誰でも
知っているヒット曲ではないでしょうか?

私的にはこの曲、決して嫌いではないのですが、ずっとジュリーの
歌を聞いてきたファンからすればやや異色の曲なんですね。
この時点でジャニーズグループの台頭でやや人気に陰りが見えだした
のは事実だったとはおもいますが、以降ここまでヒット曲に
恵まれなくなるとは思ってもいませんでした。

背中まで45分

1983年1月1日発売。作詞作曲井上陽水。オリコン最高順位20位。
ザベストテン最高順位15位。売上計9万枚。オリコン登場週12週。

前年末出版された「mis cast」の収録曲。このアルバムは当初
今まで全く絡みがなかった井上陽水に対して2、3曲程度曲を作って
欲しいという要請を出したのですが、陽水側が「ジュリーに提供
するんだったら詞も書きたい」となり、最終的には全曲作詞作曲を
任せる形となったようです。

陽水さん側からすると「いやあ、今日もモテてモテて、という
男の願望を満たせる曲だったらいくらでも案が湧いてくる」との
事だそうで。この背中まで45分についてはジュリーの要望で
シングルカットされた曲。井上陽水ワールドに専念するためか、
メイクもかなり抑え、黒のタキシードの衣装を貫きました。

しかし売上的には10万枚にも満たない惨敗。内容的に時間を計りながら
女性とここが通じ合っていくのを表現する長い歌なので
1番しか歌えない歌番組では、15分くらいの時点で急に歌が終わって
しまうというもどかしい部分もありました。
「mis cast」は今までアルバムの雰囲気と大きく異なるとても
クオリティの高いアルバムだったと思うのですが、「背中まで45分」
がコケてしまった為、井上陽水さんとの絡み自体がジュリーの
実績の中で黒歴史っぽくなってしまっているのはとても残念です。

晴れのち blue boy

1983年5月10日発売。作詞銀色夏生、作曲大沢誉志幸。オリコン
最高順位11位。ザベストテン最高順位12位。売上計10万枚。
オリコン登場週9週。

ジャングルビートを前面に押し出した新曲です。
テレビ最初のお披露目は夜のヒットスタジオでした。
イエローをベースとしたド派手な迷彩服に、土色の地味なマント。
そして何故かピンクのスヌーピーのぬいぐるみを腰にぶら下げている
というアナーキーなコスチューム!
「これはとても期待できるはずだ!」と私の心は踊りました。

しかし、視聴後の感想は「意味がよくわからない」というのが
正直なイメージでした。詞も曲もあまりに前衛的すぎて一般の人には
どうにも理解しがたい歌だったのではないかと思います。
私もこの曲の良さが分かるようになったのは、それから20年くらい
経ってからでした(苦笑)。ジュリーはこの曲を今でもコンサート
でよく歌っており思い入れは深い曲なのではないかと思います。

しかし、この時点ではジュリーはまだまだスーパースターの
存在でした。前曲のセールスが低調に終わり昨年1年間も
ビッグヒットと言えるような曲は出なかっただけに、
商売的には世間一般が分かりやすい曲を出したかったのでないかと
思いますが、ここで「実験曲」を放り込んでくるところが
ジュリーらしいのではないかと今では思っています。

4回に渡って掲載しました。沢田研二ディスコグラフィーですが、
今回で一区切りです。
今後も「どん底」「渡り鳥 はぐれ鳥」「chance」等印象深い
衣装の曲も多いのですが、世間一般の方が記憶に残っている曲は
このあたりまでかな?という気がしましたので。。。。

でもまた続きをやるかも知れません。
これまで読んでいただいてありがとうございました。

それでは、また。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。