(30) 頑張ったきゃなちゃん

おはようございます、
CMBOです。今回の内容、書こうかどうか迷ったのですが、
入院中私が気にしていた方々の話です。

私が入院して1週間くらいして、Mさんという20代前半くらいの屈強な男性が
無菌室に入院してきました。私の2つ斜め目の部屋でしたので会話は
しませんでしたが、その姿はよく見かけました。体重は125キロ超。
なんで知っているかというと、その棟では各個人毎週決まった日に備付けの
リストに自分の体重を記入するようになっており、見ようと思えば人の
体重が丸分かりだったからです。(あ、個人情報ですね!スイマセン!)

Mさんはおおらかな印象の男性で、シャワー室が自分の部屋のすぐ正面に
あった為か、よく上半身裸で下は短パン姿のまま部屋とシャワー室を往き来して
看護師さんからはたしなめられていました。ただし、体重が100キロ強あるので
あれば、移植のドナーさんを確保するのは相当厳しいのでは?
と勝手に憂慮していました。

しかし、Mさん。入院して10日くらいすると周辺の状況が大きく変わってきました。

・ほとんど廊下に姿を現さなくなる。体重も記載されなくなる。

・(おそらく)両親が入れ替わり毎日お見舞いに来るようになり、
早朝から21時頃までいる。

・同年代の見舞客が、面会時間以外に大量に訪れるようになる。

・部屋の電気が消えたままになり、担当医がつきっきりで部屋にいる。

明らかに何か異変が起こっている感じでした。仲のいい看護師にそれと
なく様子を聞いて見ましたが流石に詳細は教えてくれませんでした。
ただ、お見舞いにこられた両親はいつも病室の外の扉のすぐそばに椅子をおき、
肩を落として呆然としてましたので、「なんとかいい方向に向かえばいいんだが」
と私も案じていました。

しかし、大勢の友人達の見舞いから10日もしないうちにMさんの部屋から
気配がしなくなり、担当医も部屋から離れるようになり、ご両親の方々が
いろいろな関係者の方々に頭を下げて回っているのを見ると辛い結果が
来たのだなと本当に残念に思いました。全てが推測ではあるのですが、
私も太りすぎて移植を危ぶまれていたので、彼ににシンパシーを感じていました。

しかし、おそらく私と半分くらいの歳の患者があっという間にこんな結果に
なるのは我ながら辛かったです。段々と自分の体が蝕まれていく中、どんな思いでいたのかと思うと。。。。この方のお見舞いは男性も女性もきており、
一斉に病室には入れないので一部は喫茶ルームで時間を潰していました。
その会話を聞いているとMさんはイメージ通りの「気は優しくて力持ち」
という方だったように思えます。

実際の結果はどうだったかわからないのですが、私も病室でひとり手を合わせました。

 

もう一人血液疾患で印象深い方がいました。「きゃなちゃん」という20代半ばの
女の子です。私の妻が他のガン患者のtwitterブログを色々探している際
にたどり着きました。私と同じ骨髄異形成症候群(MDS)でした。
骨髄バンクに登録しているもののドナーさんが全くいないようで、
かなり状況的に厳しいものだったように思います。

私はすぐフォローさせてもらうと、すぐあちらもフォローしてくれたので、
直で治療情報のやりとりや励ましの言葉をかけてあげました。きゃなちゃんは
文面を見る限りとても屈託のない女の子で周囲の誰からも愛される人間
だったように思えます。

ただ、彼女は抗がん治療の副作用がかなり大きく、ほとんど入院しっぱなし
のようでした。大きな問題として血小板が極端に少なく、輸血や注射を打つに
してもその度血が吹き出して止まらなくなるという深刻な状況だったようです。
その他高熱等でしばらく書き込みが中断することが何度もありましたが、
きゃなちゃんはそれでもたまにはユーモラスに、たまには思いっきり
自分の辛い状況を叫びながらツイートを続け絵くれました。フォロワーの方々も
いつも書き込みがあると直ぐに反応されていました。

しかし、きゃなちゃんの書き込みは昨年の6月12日以降ストップしたまま
になりました。2ヶ月を超えても更新されません。そんなに長い間ストップ
したことはなかったので妻とともにとても心配していたのですが、9月12日に
以下の書き込みがなされていることに数日立って気がつきました。

IMG-1274

 

 

きゃなちゃんの妹さんからの書き込みでした。
正直予想はしていたのですが、辛い結果になってしまったようです。
このツイートを見た瞬間、私は絶句するしかありませんでした。

きゃなちゃんのツイートは今でも見ることができます。
その中には相当に辛かったであろう治療の状況が詳しく綴られています。
でも何かこう明るい文面に救いを感じさせるものがあります。
本当によく頑張ったねと褒めてあげたいですよ。このブログを見られた方も
是非見られて見てください。空の上でアイスを食べながら家族や他の
患者さんを見守ってあげてください。

きゃなちゃんの妹さん、辛い中しっかりとしたご報告ありがとうございました。
心からお礼を言わせていただきます。

血液疾患でなく、他のガン、その他の難病で苦しい治療を送っている皆さんは、
最終的に辛い閣下になった話を聞くのは嫌なものなのでしょうか?
この章を書くことはとても迷ったのですが、どうしても文として残したくて
書くことにしました。

 

 

今日はこんなところです。

それでは、また。

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。