(32)カウンセラーへ向けての歩み 後編

こんにちは、CMBOです。

早速、資格取得へ向けての歩みです。

私はまず最初のステップの「メンタルケアカウンセラー」の受講を始めました。
カウンセリングの用語や処置法について60ページくらいのテキストを5冊分、
さらにDVD10枚を視聴。定期的にレポートを提出した上で、認定試験(自宅受験)を受け郵送し、70点以上取れば合格。まずは「メンタルケアカウンセラー」の資格を得ることができます。ちなみにコストは合計7〜8万程度。上級編でも同じくらいです。

この受講は2017年明けすぐから始め、毎日寝る前に1〜2時間勉強し、2017年9月に試験合格の返信が郵送され(最初の入院中ですね)無事資格取得となりました。試験は自宅試験であり、テキスト閲覧可ですから、それほど難しい訳ではありません。

次に私が取り組んだのはその上の資格の「メンタルケア心理士」講座。これも更に内容の濃いテキスト&DVDを受講の上レポートを提出。その上指定の会場に出向いてマークシート方式のCBT試験を受けなければなりません。70点以上取らないと不合格であり、合格率約40%とそれなりに難しい試験です。

ちなみに3年前亡くなった父が認知症を患った時、いろいろな受け入れ可能な病院を周り、対応してもらった看護師長さん的な方の中にもこの資格を持っている方が数人いらっしゃいました。

この講座はなかなかレベルの高いものだったと思います。カウンセリング技法の
内容や各種性疾患の症状の把握ももちろんですが、「如何にすれば人間の体調は悪化するのか?」という事を把握すべきという観点から医学に関する受講も全体の1/3程度はありました。要するに体の各部位(脳や心臓、胃腸とかですね)がどのような活動をしているかの勉強です。他も色々とカウンセリングの講座はあるかと思いますが、医学の部分に首を突っ込んでいるところは少ないように思えました。

口座の受講・レポート提出は2017年3月頃には終了。後は年3〜4回開催される試験を待つだけとなりました。ちょうど私のビダーザ治療が効かなくなった頃です。その頃は私の体力の衰弱も激しくなり、休日もずっと家にいることが多かったので勉強の方はそこそこはかどっていました。

そして5月に初めての試験にチャレンジしました。ただ、問題が予想以上に難しく結構自信を持って望んだ私は大苦戦。確かテキストには載っていない問題もそこそこあったような。。。結果67点で不合格。あと3点不足でした。

しかしメゲずにチャレンジ!不合格を確認するとすぐ次の7月の試験の申し込み
を行いました。ただし試験日は7月8日。骨髄移植の為の入院直前です。試験結果は当日すぐ出るのですが、これで落ちてしまうと次に受けられる試験は退院後になってしまいます。退院後の体調はこの時点では全く予想がつきません。何が何でもこの日の試験に合格せねばいけない状況でした。

結果、

IMG-1304

なんとか合格!そこそこ手応えはあったので、76点という点数には不満が残るのですがw、兎にも角にも嬉しい結果でした。

時系列的にも、この2〜3ヶ月の間、私にはダイエットの成功・完全一致ドナーさんの確定、そしてこのメンタルケア心理士試験合格と良いニュースばかりが飛び込んできていたので、移植手術もきっとうまくいくはずだという気持ちを高ぶらせてくれましたね。

そしてアイキャッチ画像にある、認定書と身分証明カードが送られてきました。
自宅にこの書類が送られてきたのがまた手術の直前で、これもまた「運を引き寄せているのではないか?」という思いを強めました。自分に自信を持った状態で抗がん治療を迎えられたことはきっと良い結果に繋がったのだと信じています。

ただ、私の最終目標はこの上の「メンタルケア心理専門士」。これがこのグループで取得できるメンタルケア系としては最高ランクの資格です。私は既に春の段階から講座セットを購入しており、入院中もコツコツと次の試験勉強に励んでいました。この合格率は10%前後というかなり難しい試験です。

年内の試験は11月末だったのでそこ標準を合わせていたのです。自分としては9月に退院するつもりでしたから、11月に試験を受けるのは精神的にも肉体的にも良い目標だと思っていました。更にメンタルケア心理専門士については試験に合格しても別途行われる面接もあり、そこをクリアした上で資格認定となるのです。

しかし、体調万全で受験したものの、結果は撃沈に終わっております(笑)。
点数は60点!でもこの試験については全然自信がなかったので自分なりには
満足しています。後10点取れば良いんだと気を持ち直しました。
次の試験は今年6月頃ですのでじっくり準備してチャレンジする予定です。

というような状況なのですが、この勉強について「楽しく取り組める」というのが一番大きな収穫です。自分自身が一時心を病んだ上、がんという自身の体まで蝕まれた事で、心と体の問題というのは大変興味が持て、自分自身実感を持って取り組めるテーマでした。と同時に私は今まで好きでもない事を無理やってきていたんだな、とつくづく思いました。(趣味は芯から好きですが)

なので、私自身この勉強を行なっていることは資格を取ることだけが目標ではありません。(その割りにはでかでかと写真を乗っけてますがw)、自分で楽しみながら知識を踏まえ、自分と同じように病気で辛い方、心の問題に悩んでいる方に寄り添ってあげる機会を作れればなという気持ちでブログを立ち上げたり、色々模索しております。

今日はこんなところです。

次回から入院生活編に戻ります。もう後半ですね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。