コロナウイルス ワクチン接種開始万才!

こんにちは、みやけです。

今回はコロナウイルス及びワクチン接種について書いてみたいと思います。

皆様もご存知かと思いますが、日本でもようやく一般人へのコロナワクチン接種が始まりました。もちろん、接種体制の不十分さや新種株対策等まだまだ問題は山積みだとは思いますが、少なくともこのニュースはコロナ収束への大きな一歩!この瞬間を心待ちにしていた訳です。

当然各メデイアのニュース番組でも「いよいよコロナワクチンの接種が始まりました!」というキャスターの明るい笑顔で紹介されるかと思っていたのですが、、、、全然そんな感じではないのですね。。。

下手すると特定地域の感染者増加と同列の扱いで取り扱われております。そしてアナフィラキシーの報道と必ずセットであり、更には何処そこで破棄したとか余った等の報道が乗せられます。でも何度も思うのです。ワクチン接種開始、、、、

これって明るいニュースじゃないの?

国民はこの1年間陰鬱な話ばかりを聞かされて心が疲弊しきっているのであります。明るいニュースに飢えていると思うのです。水泳の池江璃花子さんがオリンピック出場を確定させた時には各局のキャスターは満面の笑みで報道しましたよね?ワクチン接種開始をワクワクした表情で語るのは報道の偏向とでも言うのか?それとも日本の国民を陰鬱なきもちにさせるのがマスコミの使命だと思っているのか???

アナフィラキシーもここぞとばかりに報道されていますが、元々フェザー社のワクチンでも死亡例は100万人に20人程度である事は分かっていた話。それが0%にならないと打つべきではない、とでも言いたいのでしょうか?すごい低確率ですよ。

「高熱が出た」「身体に痛みがある」という報告は確かにあるようですが、そもそも体内に異物を投与すれば拒否反応が出るのは普通の話。それはインフルエンザのワクチン注射でも発生するし、「接種当日の激しい運動は控えて下さい」と釘を刺されるじゃないですか!

日本ではいわゆる“第四波”に見舞われつつあり、まだまだ油断できる状況ではないとは思います。でも全世界の状況を考えれば、

コロナ・パンデミックは収束傾向に入った

と言っても良いのではないでしょうか?

全くの素人の私の印象としても、「感染者は増減を繰り返しながら秋には段々収まっていくのだろうなあ」と思っています。普通に健康な人達は冬には平穏な生活が戻ってくるのではないかと思います。私のような基礎疾患を持つものはまだまだ付き合いが必要でしょうけど。

https://www3.nhk.or.jp/news/special/coronavirus/world-data/

ただでさえ国民は我慢に我慢を重ねてコロナに絶えているのですから、マスコミは国民の士気が上がるようなニュースを取材し、報道するのが使命だと私は思うのです。逆に国民を不安にさせる事が報道だと思っているのか?と思いたくもなります。

私は地元の中小企業に勤務している関係上、なるべくローカルニュースを見るようにしているのですが、飲食店等の営業時間短縮要請が自治体から出る度に、とあるテレビ局は特定の居酒屋に取材に行く訳です。

そして毎回そこの店主と奥さんが政府や自治体にやり方を口汚く罵る訳です。助成金の話を振られても「全然足らん!」「首を括れというのか!」等々。。。。助成金って財源は税金の筈ですが、感謝の気持ちなんぞ微塵もないわけですな。そんな“市民”の戯言を何故毎回毎回放映するのか。。。。

皆辛いし、この状況下では全ての人を救う政策なんぞあるはずも無い。カメラの前で脅迫的発言をする人は普通の人ではないと思います。

とにかく、もうちょっとです。

健康な人達は年末には段々と普段の生活が戻ってきますよ。

基礎疾患を持つ人はもう少しかかるでしょう。でも皆覚悟していると思います。自分の事は自分が一番わかっているし、とっくの昔に先生に相談していますよ。

しかしですね、方や「テレビ・新聞離れ」「マスコミの凋落」が話題となりながらも、どのメデイアも同じような報道姿勢なのは謎ですね。そりゃそうなるわ、とつくづく思います。明るい気分になれる報道番組作りをすれば良いのに。。。

あとはオリンピックですね。正直私はやらない方がいい、と思う派だったのですが、現時点「中止」の判断が出ていないのならば、これはもうやる責任がある、と思いますよ。運営側は。だってもう3ヶ月ちょっとですよ!

受け入れ側、選手の専攻・準備を考えればいもう様子をうかがっている時間はとっくに過ぎたでしょう。時間は十分あったのだし、「絶対に行う」という前提でしっかり準備はできているはずです!この場に及んで「やはり」、、、、なんて言葉は聞きたくないですね。

無観客とか縛りは色々と出てくるとは思いますが、あらゆる事を乗り越えるプランは当然練られているはずです。決断のチャンスは何度でもありながら「開催する事には変わりはない」と言ってきた訳ですから。運営側は。

今日はこんなところです。

それでは、また。

#コロナワクチン

#アナフィラキシー

#東京オリンピック2020

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。