コロナウイルス問題・健全なる精神は健全なる肉体には宿らないもんだ!

こんにちは、CMBOです。

本日は前回書きましたメンタルケア心理専門士の実技試験and面接でした。正直ハイレベルな内容で。。。自信は全くございません!結果は3月末に判明しますので、その話は結果が出てから書きたいと思います。

さて今回は趣向をガラッと変えまして、「本当の内容を勘違いされがちなことわざ・慣用句」について、コロナウイルス問題を交えながら書いてみたいと思います。詳しく言えば「本来の意味とは間違って認識さている事が多い言葉」という事ですね。

例は色々あると思いますが、私個人の印象でダントツの2強なのが『お客様は神様です。』という言葉と『健全なる精神は健全なる肉体に宿る』という言葉です。前者はサービス業の販売員にとっては忌々しいモンスターワードではあると思いますが、これはまた別の機会に書いてみたいと思います。

そして後者ですが、一般的には「健全な肉体を保持していれば、自然とその精神も健全なものとなる〜とどのつまりは身体を鍛える事で精神の向上に自然とつながる」と理解されがちです。特に体育会系の指導者がよく例に出しがちな言葉であり、私も学生時代何度も聞きました。漫画家の小林よしのり先生の「ゴーマニズム宣言」にも正に私が言いたい内容の回がありました。

体育会系の指導者にとっては自身のジャンルの価値観を揺るぎないものとするには実に都合の良い言葉なのでしょう。ただしこの言葉、言い出した本人はこんな意味で言ってはいないのです。

これは古代のローマの詩人・ユウェナリスという人が語った言葉です。ローマ帝国は屈強な軍隊を作る為いずれ軍に召集する若者の肉体鍛錬に力を入れました。その甲斐あって他国よりもより頑丈な肉体を持った若者達が揃う事になりました。それは良いのですが、その若者達は鍛えられた肉体で威嚇し普段私生活で悪さばかりする。。。

女性を追い回し、体力のない人々を脅し、注意を受けても知らんぷり、、、、街の雰囲気は悪くなる一方。何だか30年位前の日本でも見たような光景ですが、この惨状を見た市民達が「身体を鍛えるのは良いんだが、心も同じ様に鍛えてもらって、身も心も立派な人に成れば良いんだが、中々そうはならないよなあ。」と嘆いていたのを詩にしたものなんです。意味が真逆ですよね。

そしてこの言葉を上手く活用したのが、かのナチス党首のヒトラー。彼は精神・肉体障害者を迫害した事でも知られていますが、この言葉の「極改番」を錦の御旗として上手く活用したようです。“健全なる肉体は絶対のものである”と。

そしてヒトラー影響を受けたのかどうかは分かりませんが、少なくとも私の中高時代は、この言葉が体育教師・指導者においての神聖なワードとして重宝され、「体育会系価値観は通常教育とは別物であり、不可侵」というような認識に繋がったように思えます。ここ2、3年のプロ・アマチュアスポーツ界の不祥事はその考えの延長にも思えるのです。

さてさて、その話がコロナウイルスとどう繋がるかなのですが、一連の報道においては「どうすれば感染しないか?」という点にポイントが置かれがちで、「免疫力が低い人達をどうやって守るか?」という議論まで中々議論が深まらないのにもどかしさを感じるのです。

現時点の報道では感染してしまった患者の大半が高齢者。おそらく若者の多くは無意識のまま感染者となり第三者に広めて言っているケースも多いかと思います。この病気の怖いところは免疫力の低い人については一気に重篤度が上昇する事。80歳以上の死亡率は15%以上というデータもあります。

世間一般としては老人=免疫力が低いという理屈はなんとなくわかるのかも知れませんが、若者・中高年の中にも免疫力が低いと人が居ると言うのは中々ピンと来ない人が多いのです。それは私のように抗がん剤治療を受け免疫抑制剤を服用している人間が正にそれ。更には妊婦さんもそうですよね。自身ははもちろんお腹の中の赤ちゃんにも影響が無いか考慮する必要があります。現在その点でコンサートやイベントに参加していいのか迷われている妊婦の方も多いようですね。

自分自身社会復帰して思うのは、いったん働き始め、見た目が戻ってくればもう「ほぼ病気が治った」と多くの人は思ってしまうものです。いくら免疫力について説明しても言葉にはしなくても「でも現実働けているじゃん。こっちも余裕無いし。」と思っているのがミエミエなんですよ。

この病気の報道は「どうしたら感染しないか?」よりも「どうしたら弱者への感染を防げるか?」という観点の報道がもっと欲しいのです。「感染するか?しないか?」の方が分かりやすいのでしょうが、深刻度は免疫力の低い人の方が圧倒的に高い。

「健全なる〜」の言葉については、その都合がいい部分だけ切り取られてしまい、「先人のありがたい言葉」というお決まりの脅迫ワードによって人々がそれによって動かざるを得ない状況になりました。今回のコロナウイルスの問題も最優先すべきは何か?それは人の命だと思うのです。まずはこの事によって自国民の生命が脅かされる人達がいるという事をもっと報道してもらえないか。。。。

「観光地の閑散化」や「政権の責任問題」は今最優先で問う事であるのか?極論かもしれませんが、健康な人は多分助かります、罹患しても。ただし免疫力の低い人は罹患したら最後、私はほぼ確信しています。

色々と騒いでいるように見えますが、何が緊急で何を最優先すべきかどうか国内で統一されていないように思えます。どうかどうか「最優先は人命」そしてそうするにはどう動けばいいか?国を動かしている方々やマスコミの方々はそう肝に銘じて欲しいものです。

今日はこんなところです。それでは、また。

#コロナウイルス

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。