完全敗北宣言  〜こころ検定1級 最終実技試験 不合格!〜

こんにちは、CMBOです。世の中暗いニュースばかりで陰鬱な気分になっておられる方も多いかもしれませんが、、、今回のブログは一見暗いながらも未来を見据えた前向きな内容です(笑)

このブログでも何度も書いていますが、私はメンタルケア学術学会という団体が主催しているこころ検定というカンウセリングの講座をかれこれ4年ばかり受講しておりました。その甲斐あって「メンタルケアカウンセラー」「メンタルケア心理士」という資格を試験にクリアした上で獲得しています。記憶力が低下しつつある50代のおっサンにとっては楽しくも辛い勉強でした。

そして一昨年よりこの講座の最高峰の「メンタルケア心理専門士」及び「こころ検定1級」の資格のを取る為日々勉強してきました。「メンタルケア心理士」は合格率50%程度の難易度ですが、「メンタルケア心理専門士」はCBT試験だけでなく面接and実技試験もあり難易度15%前後という中々ハードな試験なのです。

私は昨年末4回目のCBT試験でようやく学科試験を合格、後は年1回のみ開催の実技and面接試験を通過するだけとなりました。そして先月末、地元福岡にて試験を受けたのです。

実は私、この面接についてはかなり甘く考えていたのです。あまり詳しくは書きませんが、面接時間は10分程度とあったので、「そんな時間の中では突っ込んだ質疑応答はできないだろうし、これは合格を前提とした通過儀礼的な意味合いが強いもの」と勝手に想像していました。学科試験がかなり難しかっただけにそう思い込んでいました。

そして学科試験当日、直近1ヶ月でそれなりに復習勉強は行っていたのですが、野望は無残に落ち砕かれました。試験内容はかなり実践的なもので、3〜4分間隔で次次に問題が出され、その回答もしくは実技例を2〜3分の間に簡潔に答えなければならないという方式です。事前にネットで検索しても試験の体験談は全くヒットしなかったので完全に想定外の内容でした。

特に時間に大きな制限があった為私はうろたえてしまい、全く答えられない質問もありました。ですので手応えも全く無く、イライラした思いで結果発表を待つことになったのですが、その間仕事の方がいように忙しくなった為「これだけ酷い目にあったのだから、合否判定はいい結果が出ているだろう。」と、訳の分からない自信を持つようになっていました。

そして昨日合否結果が郵送されてきました。


まあ、当然と言えば当然の結果なのですが、やはり凹みましたね。しかもA〜Eの5段階評価でD、C、Eですから点数で言えば50点も取れておらずお話にならないレベルなのです。ちなみに合格するには全てをAかB判定である必要があります。そして非常にもこの面接試験に落ちてしまうといったん合格した学科試験の結果もチャラになってしまうのです。再チャレンジするならまた学科試験に合格せなばならない。。。。

熟考して私の出した結論は

「メンタルケア心理専門士試験の受験は諦めよう!」

というものでした。時間的な問題クオリティライフを考えてのものです。私は現在は勤め人ですが、近い将来での独立を見据えています。職種はこの資格を活かしたカウンセリング関連。その箔付を目論んでのこの講座の受講でした。しかし私の年齢は今週の水曜日で53歳になります。まだまだ若いと言えば若いのですが、その逆独立時に体力低下が激しいようであれば何かとそれが障害になります。

この状況が20代であれば再チャレンジも考えたでしょうが、復職して担当業務も増え、普段の肉体的疲労も蓄積されつつある中、また1年間勉強して急激なレベルアップが図れるか?ちょっと無理かなと思ったのです。しかも独立に関して「メンタルケア心理士」と「メンタルケア心理心理専門士」とでは外からの印象では大きな差があるわけではありません。正直区別がつかないでしょう。

実施することができる施術には大きな差があるのですが、「メンタルケア心理専門士」になれたからといって、特に急に仕事に有利になるわけでもないようです。負け惜しみっぽい言い方ですが(笑)

そして後者です。QOLとはえらくカッコつけた言い方ですが、要するに4年近い試験勉強で疲れてしまったというのが正直なところ。カウンセリングや勉強は結構楽しくやれるのですが、「試験に合格する為の勉強=テキストの内容を理解する勉強」を追われるように続けるのは、少し休みを入れないとそろそろ限界かな?と思いました。試験と関係ない本やweb記事を読む余裕が無くなるのです。

ですので、将来的に再チャレンジする可能性もなくは無いですが、「メンタルケア心理専門士」へのチャレンジは諦め、「メンタルケア心理士」の肩書きのまま独立の準備をしていこうという結論になりました。

この件に関しては、私のTwitter上のフォロワーさんを中心とする方々から色々とあたたかい応援をいつもいただいており苦渋の決断であるのですが、何卒ご理解頂きたく存じます。目標を諦めた訳ではなく、身の程を知って、少しランクを下げてスタートする、という事です。

Twitterアカウント

@haru1273



私はメンタルケア心理専門士としての勉強はしましたが、資格は得られませんでした。わかりやすい例で言えば各種カウンセリング技法の自律訓練法や認知行動療法、交流分析を自身で行う資格は無いということです。私が将来独立してそんな事をやり始めたらどうぞ告発してください(笑)。

ただしメンタルケア心理士の資格は取得済みですので、面談を中心とするカウンセリングを行う資格はあるのです。まあ、あえて言えば資格が無くてもカウンセリングはおこなえますし、それが違法という訳ではありませんけどね。

今日はこんなところです。私は今週水曜の4月1日が誕生日であり、53歳になります。「資格取得をお土産に誕生日祝いを!」と愚かな事を考えていましたが、それは叶いませんでした。でも、新たな仕切り直しができましたので、それに向かって邁進して行こうと思います!

全然落ち込んでいませんよ!。。。。。。。。グスン。。。

#こころ検定1級

#メンタルケア心理専門士

#カウンセリング