私のコミュ力不足(4)神経症同士の激突

おはようございます。CMBOです。
コミュ力の話の続きです。

前の会社を退職後、半年間の休職期間を経て私は今の職場に再就職できました。
条件も大きく上がって、40代の再就職としては本当にラッキーな再就職でした。
前にも書きましたが、前の会社は相当ブラックな会社で上から下まで
一切残業代はゼロ。それどころか、携帯・PCも自前で用意しなければならず、
会社の補助も無かったのです。約15年前ですから連絡手段のツールとして
PCは必須になって来ており、準備できない者は「向上心が無い」と言われましたw。
今は違って来ているようですが。。。

ちなみに求職中の話をしますと、もう各企業から完全無視状態でしたね。
よく「100回近く面接に行ったが1回も通らない」なんて話をよく聞きますが、
実際はそうでも無いと思います。40代は基本書類審査で跳ねられちゃうんですよ。
履歴書はweb上での入力ですのでそれほど手間はかからないんですが
、回答もすごく早いんですね。

web上で申し込み送信して、20分くらい外をランニングして家に帰って来て
PC確認したら早くも落選通知が来ている、なんて事はザラにありましたw。
基本40代は30人位のマネジメント経験者でないと相手にされないんですよ。
なんで、書類申請では100社近く落選しまくって、今の会社で初めて面接に望み、
採用となりました。今の会社は前の会社の取引先であり、
私が担当しいていた業務と、今の会社が新しくやろうとしていた業務に
共通点があったのがポイントかも知れません。

今の会社の上層部の方には良くして頂きました。自分のスキルを考えれば
待遇も申し分なかったです。業務も大きなみすをする事もなく日々が
過ぎて行きました。しかし中途でそれなりの待遇を受けての入社だった為、
わたしは古参社員や現場の社員のやっかみをなんとなく感じていました。

それに対し、うまく感情をコントロールできない私は、他の部署との揉め事が
起こるとつい感情を露わにしてしまうことが多くなって来ていました。
私の部署はどちらかといえば会社的には裏方の存在であり、現場(店舗)
との論争になると引かざるを得ない部分があるのです。それが繰り返されると
どうしてもストレスが溜まり、突然爆発してしまうのです。

ただし、それはあとずけの話で、結局今思えば、自身の隠されいた憎しみを
消化できおらず、無意識にキレるタイミングを見計らってそ鬱憤を晴らして
いたのだと後々きづきました。怒るときは「会社の利益」という大義名分を
振りかざして相手が罪悪感で反論しにくい状況を確認を作ってからおこるのです。
実に嫌な奴ですね。

 

この分を読んでおられる読者のみなさまがたの周囲にもこような人間は
いないでしょうか。

・職場内の口論の中で、それ程の立場でもないのに「会社の利益を損なう」などという

罪悪感をもたせるようなワードを連発し、反論させにくい雰囲気を醸し出している。

・いつも機嫌が悪く、常に誰かの悪口を言っている。

・褒められるのが大好き。賞賛されると大喜びし承認欲求が強い。

・自分が如何に周囲の人間から頼られているか、自身の口で吹聴する。

このような人間にホトホト手を焼いている方がいるかも知れませんが、
あまり深刻にとらえる必要はありません。私自身がこのような人間だった?
(過去形でいいのか?)のでよく分かるのですが、このタイプの人間は
隠された憎しみを「業務上の正論」という名前を借りてあなたの心を
ズタズタにして鬱憤を晴らそうとしているだけなのです。

後々この辺りの心理学的な捉え方は詳しく書いていこうと思っているのですが、
こういう感情的恐喝で人を追い込んでいくのです。そして私自身がこれまで
このような傾向が多々あった事は否めません。

ではなぜ、そんな心の問題について調べるようになったのか?
それは私と似たような性格、いやそれ以上にパワーアップさせた社員が
部下として配属されその後大きなトラブルを起こすことになるからです。
似た者同士は合わないのです。

その男は、それなりの立場にいた男なのですが、上司には歯向かうし、
部下ともトラブルをおこすし、もう行く部署がないということで、
定年前まであと数年というところで私の部署で預かることになったのです。

それがもう6年くらい前の話、その後色々ありましたが、
2年前に決定的なトラブルが発生します。

 

続きは次回、きょうはこんなところです。

それでは、また。

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。