顔面麻痺 治すけん!

こんにちは、みやけです。

ブログをイチからやり直そうと思ったら、突如帯状疱疹発症を経て右の顔の顔面麻痺に移行!今週火曜から近所の総合病院に入院、病室からシコシコこの回を書いております。あああ、本当はジュリーの回を書きかけていたんですがね、、、、しゃーない!しゃーない!

前回火曜の通院待ちだと書きましたが、診察間もなく「入院ですね」とキッパリ先生から宣告されました。まあ、日・月の段階で明らかに悪くなっていましたから覚悟はしていましたが。。。

月曜が祝日だったのがややアンラッキーでした。この病気は早期治療が重要なポイントのようですので、1日ロスタイムがあったのは悔やまれるところです。入院パンフレットには「100%完治は難しいかもしれませんが」なんて書いてあるし。。。。

私がかかっている病気の詳しい名称は「顔面麻痺ハント症候群」というものです。末梢神経の異常です。原因は、、、過労やストレス等で免疫力が低下した時に起こる、、、、めちゃくちゃ思いあたりますね。

年明けの実母の死、それに伴う実家の取り壊し・売却手続き、弟とのややこしい遺産相続、その問題を解決するために不動産会社、司法書士、税理士との慣れない交渉、、、、専門家の方は私の立場を案じとても親身に対応してくれましたが、それでも完全丸投げとはいきませんしポイントポイントで勉強せねばならない。重荷でしたね。

その上、仕事の負担増。私が所属する部署のメンバーの1人が今春3月に定年で退職したのですが、その人が担当していた作業関係の業務を私がすべて背負い込まなければならなくなった!自身が持っている業務はそのままでですよ。人員の補充は出来ないということで。

私自身今は社内で立場ある人間ではなく、4年前に1年間休業して復職後、合法的に?3年連続降格の憂き目にあい、今は入社2年経つと自動的に与えられる役職にまで降ろされているのです。

何で私がそんな負担を背負わねばならんのか!?やってられんと思いましたが、他のメンバーも新たな業務をガンガン割り振られていたので仕方ないと思いとりあえず取り組んでいたのです。結果ミスばかり犯してましたが。

そして、前回も書きましたように今月に入っての全体で取り組む作業、終日部内メンバー男性ほぼ全員で作業を行うものです。当然自分たちの業務があるわけですが、「事前自己申告すればその時間帯だけは抜けていい」との事なのですが、そうそう申し出られるものではない!

しかもその作業、告知されるかされないかの間に部長が自らGパン姿で終日単身で述べ2日間取り組んだのです。普段はそんな細かい作業なんて全然しないのに。そしてNo2の課長もそれに続いて作業を手伝っていました。

その作業、元々が他の部署の預かり物の処理なんでウチの部署が後始末をやる通りは無い!通常作業している委託業者に作業料を支払って対処してもらうなり、他の部署から応援を呼んで一気に片付けるなりの方法もあるはずなのにそれをしなかった。単に”会社全体の“経費を使いたくないが為に。

トップ2人がいきなり自分の時間を割いて作業に実力行使をされたら、下の方は手伝わざるを得ません。古くさい圧力で人を動かすやり方ですよ。その結果基礎体力に劣る私が真っ先に倒れてしまったという訳です。

そして、この病気がどのくらいで治るのか?最初に貰った説明パンフレットに「100%完治するのは中々難しい」と記載されており、もうこの事実はある程度受け入れざるを得ませんでした、、、、涙。

現在ステロイドを点滴で大量注入しております。そうすると血糖値が急上昇するのでインスリン併用です。(ちなみに私は糖尿病患者)その処置は1週間ほどで終わり、血糖値が安定すれば退院です。普通に行けば来週中頃?

しかしその時点で一気に治ってしまうことは無く、退院後服薬と自分でのマッサージを地道に行いつつ、3週間〜3ヶ月位のスパンである程度緩和していくようです。でも治らずそのまま固定してしまうケースも稀ではないとか。。。。

現在の状況、外観は良くよく見れば左右非対称、という感じで「見るに耐えない」というわけでも無い?元々の基盤が大した事が無いものなので緩和の状況がイマイチでも仕方ないかとは思っています。ただやはり食事と発音!

少し汚い話になりますが、右の歯で噛むことはだいぶできるようになったのですが、咀嚼に関しては口内を捻るので最後の口内の奥の方の残留物を舌等で引っ張り出す事が出来ず、指で引っ張り出さざるを得なくなる。これは他人には見せたくないですね。

発音に関しては、返しがどうしてもワンテンポ遅れるし、喋りが長くなると疲れてきて会話の継続が億劫になる。これはもう筋肉を少しでもつけていくしかない訳です。

あと、、、、、歌がよう歌えん!!!(笑)私は働き始めてからずっと車通勤なのですが、行き帰り車内でお気に入りの昭和歌謡を熱唱するのがかなりのストレス解消ムーブとなっておるのです。しかし現状は発声がかなり辛い、、、一番の悩みはこの点!、、、、というのは冗談ですがw

とにかく、有給を思う存分使って治療でやり残した事がないようにしてボチボチ復帰しようかと考えています。まあ、それ以上に色々考えていることもあります。何よりもまず自分の気持ち優先!

私は今回の件で改めて、尊敬する加藤諦三先生の言葉を噛み締めました。

”変えられることは変える努力をしましょう。変えられないことは受け入れましょう。起きてしまったことを嘆くより、これからできることを考えましょう“

今回あーだこーだと愚痴りましたが、嘆くのはこれまで!今後どう生きれば、”今の状態”を踏まえた上でハッピーな人生を送れるか?考えて生きていきたいと思います。

とりあえず、治すことに集中するのみ!

今日はこんなところです。それでは、また。

#顔面麻痺

#帯状疱疹顔面麻痺

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

上部へスクロール
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。