いとしのディッキー

こんにちはCMBO です。今回は久々に昭和プロレスのお話、しかもかなり
マニアックな話ですので、ご興味があれば。。。。

私は1970〜80年代に活躍したプロレスラー”喧嘩番長”ディックスレーターの
大ファンでした。もちろん師匠格のテリーファンクも大好きでしたが、
まるで太陽のように周りを明るくさせる陽キャラのテリーに対し、
弟分で右利きテリーを名乗りながらもなにかこう影があるというか
暗い過去を引きずっているような雰囲気に不思議な魅力を感じ、
プロレスを見はじめた当初からなぜか気になる存在でした。

スレーターは1974年に初来日以来来日の度に確実に成長を重ね、
1980年のチャンピオンカーニバルではジャイアント馬場、テリーファンク、
アブドーラザブッチャーを押し抜き準優勝に輝き、その前後から次期NWA
世界チャンピオン候補、と称されるようになりました。

しかし翌81年のカーニバル、ディッキー当然エントリーされて試合日程をも
組まれていましたが、来日直前交通事故に巻き込まれて首を痛め来日をキャンセル。
その夏のシリーズで選手として復帰はしましたが、以降動きにキレがなくなり
徐々にジリ貧状態。いつのまにかフェイドアウトしてしまいました。

回顧本やプロレスファン間でスレーターの事を語る時、「次期NWA世界王者候補だったが、不幸にも交通事故の後遺症で体調を崩し超大物になり損ねた」

 

というのが定説ですが、本当にそうでしょうか?ディッキーファンとして
言わせていただければ、チャンカン決勝があってもなくても、
ディッキーがあれ以上上に上がることは無かったと私は思うのです。

その理由の一つが必殺技です。トップロープからのエルボースタンプが彼の必殺技。
これはスレーター自身がコーナーポストに登り、相手がフラフラと
頭をむき出しにして向かってきたところを相手の脳天に肘を落とすという技。。。。
かなりシュチュエーションが限定される技で、リアリティにかけます。
当時タイガーマスクの出現等で「日本人ならジャーマンできて当然」
みたいな風潮の中、この古めかしい技にこだわり続けるスレーター。

彼は師匠譲りのローリングクレイドルを始め、バックドロップ、足4の字固め、
パイルドライバー等プロレスの基本的な技は会得しているのですが、
フィニッシュホールドはこの技に固執し続けたのです。

馬場の評価も高かったとは言いずらいです。81年のチャンカンでの最終戦の
相手はセミ前でジャックブリスコ。優勝決定ルールは「全体戦終了後最高得点者を
優勝とする」というものでしたが、当時の全日の『掟』を考えれば
スレーターの優勝は99%ないでしょう。その前年のチャンカン、馬場は
自身、テリー、ブッチャーの商品価値が落ちないようハプニング的に
鶴田対スレーターという決勝戦を実現させたように思うのです。
いわば噛ませ犬です。

その後もスレーターはは鶴田のUN王座に再三挑戦するも完敗、
天龍にも追い抜かれ厳しい立場に追い込まれますが、1984年グランドチャンピオン
カーニバル3への参戦がきまります。開幕カードは。。。

IMG-0056

なんとハンセンと組んでメインで鶴龍コンビと対戦!これにはビックリしました。
というのもこの時期のスレーターはまだまだファンク一家の一員のイメージが強く、
正に天敵同士が組むとしか思えないマッチメイクだったからです。

私はこの画面を見て妄想を大きく膨らませました。結果は外人組勝利で
鉄板だと思うのですが、内容は普通にすむはずがない。
最後の乱闘で同士討ちになり、結局大立回り末の仲間割れ、急遽ハンセンとの
シングルマッチが組まれる。。。、もしくは意外にも好連携を見せ、
スレーターはファンク一家との決別を宣言する。。。

いずれにしてもスレーター最後の大チャンスがようやく来た!と思ったものでした。
※当時超獣コンビ席巻の最中だったのでハンセンスレーター組の本格結成は
無かったと思いますが。

しかし、しかししかし、運命は皮肉なもので開幕戦にスレーターの姿は
ありませんでした。当時一般ニュースでも放映されましたが、自宅のある
フロリダ地区に大洪水が発生し近隣の飛行機が飛べなくなったのです。

なんという不運!スレーターは1週遅れで来日しましたが、結局このカードは
組み直されず、ハンセンと絡むこともありませんでした。
まだまだ体調不良から脱してはいなかったとは思うのですが、
この晴れ舞台は千載一遇のチャンスだったはずで、この試合をきっかけに
元のスレーターが戻ってくるのでは?と私は期待していたのです。
結局福岡で天龍に挑戦したUN 戦も完敗。以降そのシリーズではスレーターに
大きなチャンスは回って来ませんでした。

そのスレーターは何度も来日しましたがファイトは精彩を欠くばかり。
1987年にはデビアスという正パートナーを失ったハンセンと唐突に合体!
幻のタッグ結成から3年越しに実現したのですが、何故かお互い覇気がなく、
そのシリーズ限りでチーム解消となってしまいました。そしてそれ以降喧嘩番長は
マット界から徐々にフェイドアウトしてしまったのです。

人生にはどんな落とし穴があるか分かりません。スレーターで例えるなら
交通事故とその後遺症という事になるのでしょう。でも、人生には逆に起死回生
のチャンスがどこかで転がっているんだと思うのです。
スレーターにとってはそれがハンセンとのタッグ結成だったと思うのですが、
それが良い方に転がるか、悪い方に転がるかはやってみないと分かりません。

しかし、今回の場合トライする前にそのチャンスが潰えてしまったというのが
スレーターの運のなさを感じます。デビューからチャンカン決勝まで
トントン拍子にスターへの階段を駆け上がって来ただけになおさらです。

あの試合、実現してたらどんな結果になってたんでしょうか。。。
前に書いたように体調が万全だったとしても彼がトップ外人に立てたとは
思わないのですが、何か別のきっかけ掴んだのではないかと。。。。
悔しい限りです。

スレーターは晩年私生活でも色々とトラブルに見舞われ、2018年に67歳という若さでこの世を去りました。

何故私がスレーターをすきなのか?テリーよりもなお好きなのです。
私にとっての永遠のテーマです。浮き沈みの激しかったプロレス人生において、
戦い方だけは自分の信念を曲げず愚直に貫いて来たことに関係があるのかも
しれません。

喧嘩番長ディックスレーターはいつでも私の心の中にいます。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。